カードローン総量規制対象外

カードローン総量規制対象外

カードローンには、総量規制と呼ばれる法律規制があり、年収に対して借入制限がなされます。

 

しかし、借り換え商品に関しては、総量規制の対象外。
という事で、総量規制との関連があるので、ここで取り上げさせて頂きました。

 

 

総量規制について知っておこう

カードローンを利用するのであれば総量規制について知っておく必要があります。

 

総量規制とは国の法律によって定められているもので、平たく言ってしまうと個人で借入できる額の上限があらかじめ決められている、というものです。

 

具体的には年収の3分の1までの額しか借り入れることができません。

 

限度額が300万円となっている消費者金融であっても、この限度額いっぱいに融資してもらうためには年収が900万円以上なければならないということになります。

 

 

カードローン総量規制対象外の会社ってどんなサービスでしょうか?

個人毎に限度額が既に決められている総量規制。

 

これはお金が必要な人にとっては少し厄介なルールではありますが、しかしカードローン総量規制対象外の会社も実はあるんです。

 

それが銀行のカードローン。総量規制が適用されるのは消費者金融や信販系などのローン。

 

なので銀行で借入を行えば年収が幾らであろうが、その銀行で定めている限度額まで借りられる可能性が出てくるわけです。

 

どうしても多くのお金が必要な人は銀行系でまずは検討してみましょう。

 

 

カードローン総量規制対象外のサービスに欠点はあるのか?

カードローン総量規制対象外の会社は利用者にとって夢のよう、と言ったら大げさかもしれませんが、非常に助かる存在であることは確かです。

 

しかしデメリットもあるようです。
その最たるものは誰でも借りられるわけではない事です。

 

年収の3分の1以上のお金を借りる必要がある人の中には、既に借金を重ねている人も多いことが予想されます。

 

銀行のカードローンは審査が厳しいので、こういった人たちは借りるまでのハードルが高いと感じてしまうでしょう。
また、銀行のカードローンだから限度額いっぱいまで借りられるとは限らないことも知っておきましょう。